犀川 Training & Down River
滑り亀です。
さてまた話は飛んで、2012年の6月のこと。ある2人の運命を変えることになろう日が訪れます。まさかこの時には私はもちろんのこと、本人達も予想していなかったことでしょう。そんなお話のはじまりはじまり。

2012年6月中旬

この月の頭にはリハビリを兼ねてボスと2人でサニーエモーションにお邪魔になりました。ですがいつまでも2人でやっていても楽しくないのでパックラフターを増やすために数人のお客さまに声をかけて一緒にパックラフティングに行くことにしました。

メンバーは、バーダー、ノリジム、マミーズ、イソカワ、の4名にボスとカメの6人です。とても楽しみにしていたのですが、なんとこの日は台風が直撃するかどうかギリギリの天気。予報では曇り、夕方から雨とのことで決行としました。
朝、東京某所にて全員集合し、カメ2号で一路安曇野をめざします。天気は曇りでしたが、八王子を過ぎたころからパラパラと雨。山梨はまだ良かったものの、諏訪では結構な雨降りの強さ。安曇野についてからも雨が止む気配はないものの、雲は高く、なんとかなるんじゃないか、そんなギリギリの天気でした。

現地でサニエモ柴田さんと合流。みんな着替えて出発。ドキドキです!
e0128835_18564515.jpg
e0128835_18565633.jpg


まずは舟をふくらませましょう!初めてだって10分もあれば完了してしまう簡単さが魅力です。
e0128835_18571022.jpg
e0128835_18571437.jpg



4人中3人はパドルを持つのも初めてなので、まずはパドルの持ち方、漕ぎ方のお勉強です。バーダーさんは少しカヤックの経験はあるものの他の3人はパドルを持つのも初めての経験。ぎこちなさが新鮮で良いですね。
e0128835_18572474.jpg


まずは池の上でパックラフトの基本的な操作を学びます。とはいえ、難しいことはさほどないのです。しいて上げると、右を漕げば左を向き、左を漕げば右を向く、といった逆の動作に慣れは必要でしょう。とくにパックラフトは旋回しやすいため、真っすぐ進むのには慣れるまで時間がかかるのかもしれませんね。
e0128835_18573875.jpg



そして30分もせずにいきなり川へとレッツゴーなのです!パックラフトは基本川でこそ活きる道具。流れのないところでどんなに練習してもたかがしれています。実践あるのみです!!
e0128835_18574498.jpg



川での注意点。流された場合の対処法などを確認します。雨の影響で先日見たよりもだいぶ増水具合がすごいです。う〜ん。みんなどうなることやらです!
e0128835_18575204.jpg



まずはフェリーグライドという川を横切るための基本技術です。先頭バッターは私!!対岸でみんなが来るのを待ちます。ぼくも初めは思うようにいかず、必要以上に流されてしまいましたが、上手く波を捉えられるようになれば、波の抵抗をいなすだけでも斜めに移動できるようになるんです。基本的には流れに向かって斜めに漕いで行く感じで、舟をやや傾け舟底で川の流れを受けるようにします。
e0128835_18580298.jpg



ところが初めは舟を自分の思う向きに安定させておくことすらできず流されていく〜!イソカワ〜〜!!ノリジム〜〜〜〜〜!マミーズ〜〜〜〜〜〜〜!
あ〜あ。
バーダーはやや流されたもののパドリング経験があるだけになんとかしています。イソカワもバックカントリースノーボードで鍛えた足腰の強さとバランスの良さでなんとか操船しています。しかし、ノリジムとマミーズは道具を使うアウトドアの遊びが初めてということもありなかな苦戦。
e0128835_18581839.jpg
e0128835_18582969.jpg
e0128835_18583100.jpg
e0128835_18583901.jpg
エディキャッチやフェリーグライドの練習をしながら下ります。




女性パックラフターのパイオニア(?)
ハイカーズデポのアイドル マミーズ です。
e0128835_18585317.jpg



ミスターノリジム!!
ハイカーズデポヘビーユーザーです。いつもありがとうございます!
e0128835_18585556.jpg


我らが頼れるガイド!柴田さん!
パックラフトの楽しさを伝える、日本の伝道師です。
e0128835_18590866.jpg

ヘビーバックカントリースノーボーダー!!スノーバム、イソカワ!!!
さすがのバランス感です。アップじゃなくてごめんね。
e0128835_19131411.jpg

ハイカーバーダー!そしてギアフリーク!
いつもリサーチ能力に感心してます。頼りにしてます!!
e0128835_19001571.jpg



犀川のゆったりとした大きな流れは良いですね。みんなも初めての川下りをやっと楽しみだしたようです。そのまま集合地点まで下り上陸。そしてお昼休憩です。
e0128835_18593491.jpg
e0128835_18594196.jpg
e0128835_18595157.jpg


雨が少し小降りになり明るくなってきました。よしよし。そして午後の第2ラウンド開始です!午前中よりも少し上流までサニエモ号で移動し、川に入ります。
e0128835_19000015.jpg

もちろん練習をしながらですが、午前中よりはもっと川下りを楽しんでもらいながら下ります。半日やっただけなのに、すでに乗れてしまう。これがパックラフトの楽しさ、簡単さなのです。
e0128835_19001051.jpg

午前中よりも雨は小降りで雲も上がって明るくなりました。みんな少し余裕が出てきて笑顔が良いですね!
e0128835_19003200.jpg
e0128835_19003599.jpg
e0128835_19004951.jpg
e0128835_19010644.jpg

再び集合地点まで下ってきて終了となります。時刻はすでの午後4時ころ。結構たっぷり遊びましたね。サニーエモーションのツアーはサービスたっぷりで十分過ぎるくらい楽しめます。それもガイドの柴田さんの人柄なのでしょう。
実はこの帰り道、諏訪を越えた辺りから豪雨となり、数m先も見えないほどの雨となってしまいました。安全運転を心がけても恐怖を感じるほどでしたが、なんとか無事皆さんと帰ってくることができました。お疲れ様でした。

すでにこの時船長となっていたバーダーさんは分かるのですが、実はノリジム、マミーズ略してノリマミがこの後どっぷりと肩まで、いや頭までパックラフトに浸かって行くことになるのです。なんだか悪い遊びを教えたみたいで申し訳ない気持ちが少しは。。。ですがそれはまた別のお話。

それでは、アディオス!アミーゴ!

- Downpour Turtle

[PR]
by hikersdepot | 2013-12-06 19:24 |


<< 改造ゴリラ  信越トレイル 牧峠 クロスカン... >>